• 285月

    日曜日、近くのショッピングモールに行きました。全国展開している規模の大きいショッピングモールです。施設内には医療機関も複数入っています。

    トイレに行った時トイレ入口の向かい側に内科がありました。漢方内科とありました。日曜のお昼どきです。院内に入りきれない人ごみでした。

    日曜日に診療している内科は貴重です。しかも、今はインフルエンザの予防接種で混雑しているようでした。入口にインフルエンザの予防接種の料金が掲載されていました。

    自宅近所の内科の予防接種の料金よりだいぶお高くなっていました。日曜診療だし、しかも人気のショッピングモール内のクリニックです。

    場所代も含まれているのでしょうか。私はといえばインフルエンザの予防接種は受けていません。数年前に受けましたが結局かかってしまいやった意味がないような気がするからです。

    予防接種をしたほうが症状はだいぶ軽いです。でも、私は大人なのでなんとか我慢できます。去年もかかりましたがあまり熱が出ないで済みました。

    しかし、だるさが続きこれにはかなり閉口しました。いつもは元気な私でしたが日中は家事を終えてから寝て過ごしていました。寝てもだるさが取れず元気になるまで1週間はかかりました。

    Permalink Filed under: Diary 今週末ショッピングモールに出かけて思ったこと はコメントを受け付けていません。
  • 185月

    脱毛サロンのプラチナムミュゼの人気の一つには、返金サービスというサービスがある事も人気と思います。

    プラチナムミュゼは、魅力的なプランや魅力的なシステムが充実している上、返金という利用者には嬉しいサービスがあります。

    CMなどでよく見かける、プロアクティブでもそうですが、実感が出来なければ全額返金というサービスが行われているようです。

    それと、似たようなシステムですがプラチナムミュゼはちょっと違う返金サービスです。どんな返金サービスかというと…

    プラチナムミュゼの脱毛コースは数種類あるんですね。その中で例えば、一部分の両足のふくらはぎを脱毛したいとします。プラチナムミュゼの脱毛は二ヶ月に一回という形になります。

    それを四回コース、合計で八ヶ月で四回脱毛するというコースと八回コース、合計十六ヶ月で八回脱毛というコースなど回数により脱毛コースが決めれるプランがあるんです。

    そちらのプランを適用する事にし、四回コースを選び三回目の脱毛で自分自身が満足し、もう脱毛しなくていいと思った場合に、残りの一回分の料金を無駄にしてしまう(×_×)って思ってしまいますよね?

    しかし、プラチナムミュゼはそこで返金サービスが使えるんです。残りの一回分の脱毛料金が、現金にて返金してもらえるんです。これは、プラチナムミュゼならではのサービスではないかと思います。無駄にならないサービスで、とても助かりますよね。

    ただ、個人的にはこの返金は使わないほうがいいと思います。なぜなら脱毛サロンで脱毛したからといっても金輪際生えてこないわけではないんですね。
    だから返金せずに残しておいたほうが後々良かったーってことになる可能性があります。

    返金はシステム的な安心という意味で思っておけばいいかも。

    ケノンやトリアに乗り換えるって場合は返金のメリットは高いですね。
    ケノンやトリアなら後から生えてきた毛も自分で処理できるからもう脱毛サロンに通う必要がなくなりますからね。

    家庭用脱毛器なんて効果ないでしょ、なんて思ってる人もいるかもしれませんが、はっきり言って効果は脱毛サロンと一緒ですよ。全然問題なく脱毛できます。

    ちなみケノンはAmazonで買おうと思っても無理みたいですね。楽天で買うのもお得じゃない事が多いそうです。

    ケノンはamazonでは正式に扱われてないんです。すっごい売れてる商品なのに不思議ですよね。
    ケノンはAmazonで買うな 

    脱毛効果もばっちりなケノンですが、やっぱり背中とかウナジとか自分では照射するのが難しい部分もあるのでその辺りはサロンにお願いして簡単な部分や脱毛後に生えてきた毛のメンテナンス用として使うなど脱毛サロンとの使い分けをする人って結構多いんですよ。

    Permalink Filed under: 健康 損せずケノンに乗り換え、脱毛サロンの返金サービス はコメントを受け付けていません。
  • 175月

    甘酒の粉末の素をスーパーから買ってきました。一杯ずつに小分けされています。

    日東紅茶が出している七穀麹入の甘酒です。クリーム状をイメージしていましたが実際は粉末でした。あまり期待せずに粉末をカップに入れてお湯を注ぎよくかき混ぜて飲んでみました。

    意外に美味しくて驚きました。昔飲んでいた甘酒の味によく似ています。粉末なので底の方に溶け残っている麹があるわけではありません。

    幼かった頃冬になると石油ストーブの上に鍋を置いて甘酒をよく作っていました。遊びのような感覚で鍋の水に入れた酒粕をしゃもじで溶かすのが面白かったです。

    板状になった酒粕がよく溶けないうちに飲んでしまい甘味を感じず途中で飲みきれずにいたものです。砂糖の量もよく分からず今考えるとだいぶ少なく入れていたかもしれません。

    今回の日東紅茶の甘酒もだいぶ甘いので砂糖の量が多いのでしょう。それとも酒粕がほんのり甘いのでしょうか。それにしても酒粕は体にいいので8本入りスティックを全部飲みきったらまた買ってみようと思います。

    液体状や板状の酒粕もフレッシュなので美味しいですが、保存があまり効かずもったいないことをするかもしれないので粉末状のスティックの方が無駄にならずに済みます。

    Permalink Filed under: Diary 昔から大好きな甘酒のスティック状の粉末を買ってみました はコメントを受け付けていません。
  • 274月

    これは私自身の肝臓体験(?)です。
    私は今の会社に7年前に入社したのですが、教育産業という特殊な業態であることから、夜はいつも12時過ぎに食事を取るというライフスタイルが続いています。

    となると、健康的にも万全な状態をキープするのが難しいのも当然のことで、年々、健康診断を受けては他の数値は健康的であるにもかかわらず、肝臓の値だけは「要治療」「要精密検査」ばかりの結果でした。中性脂肪なども全く問題ないのに、です!

    私が数値悪化の一途をたどっていたのは、「GPT」という数値でした。これは肝臓に脂肪が多めについた、いわば「フォアグラ」状態になってしまっているもので、大きな病院に診察をしてもらいに行って、何時間も待ったにもかかわらず、医師から伝えられるのは「脂肪肝みたいなもんですよ、食生活を気を付けましょう」と言われるだけで、特に薬を使うということはありませんでした。

    しかし、7年もたつとさすがに不安になるもので、私もそろそろ本格的に何かしらの手段を講じなければと焦るようになりました。

    なぜなら肝臓は「沈黙の臓器」と言われる部分であって、気づいた時にはすでに手遅れということが多いと聞いたからです。

    早速私が打った手は、「オルニチン」という市販のサプリメントを買うことでした。オルニチンはどうやら普段の食生活では摂取することが難しいシジミの成分が大量に含まれているとのことでしたので、私はすぐに飛びつきました。

    シジミは肝臓に良いと昔から言われてますけどあまち身近な食材でもないしオルニチンだけで考えると食べるだけでは全然量が足りないそうです。

    オルニチンの推奨量は1日あたり400mg~800mg。
    シジミ換算だとなんと900個から1800個が必要!というとんでもない量です。

    参照:肝臓とサプリ

    今の時点では何も感じるものはないですが、これを継続することで、きっと来年の健康診断の数値は改善がみられるのかなぁと思うと、途中でやめるわけにはいきません!

    現在32歳ではありますが、これから10年、20年先を考えた時に、養うべき家族がありますから、一家の大黒柱である私が健康を損なうわけにはいきません。

    この家庭を守れるのは私しかいないのですから、私は自分の体のことは自分でなんとかしなければなりません。

    とは言いつつ、やはり肝臓に効く一番の薬は妻が私の健康を考えて作ってくれる毎日の料理なんですよね。

    もちろんこれからもしばらくはオルニチンを続けて肝臓をいたわることはしていくつもりではありますが、それも普段の食生活がきっちりしたものであって初めて効果を持つものだと考えていますので、そこは大事にしていきたいと思います。

    Permalink Filed under: Diary オルニチンサプリで肝臓対策を開始、来年の健康診断の数値はいかに はコメントを受け付けていません。
  • 164月

    わたしは、難病である潰瘍性大腸炎という病気にかかってしまい、今まで2回の入院を体験しました。

    潰瘍性大腸炎というのは、その字の通りで、大腸に潰瘍ができてしまう病気です。

    現代医学でも原因がわからないため、難病ということになっています。

    わたしが最後に入院したのは約5年前です。

    それからは体調も落ち着いていて、入院する気配すらないです。

    それはなぜかといいますと。

    大腸の環境に気を付けているからです。

    簡単に言うと、食事に気を付けています。

    潰瘍性大腸炎は原因がわからないので難病として指定されているといいましたが、私の中では、ある程度原因がわかっています。

    その原因は何だと思いますか?

    わたしが気を付けている食事です。

    潰瘍性大腸炎は元々、日本人には少なく、欧米に多い病気でした。

    それが、日本人の食事が

    欧米化するにつれて次第に患者が増えていったのです。

    全ての人の原因が食事だとは思いませんが、少なくとも大部分は食事の欧米化が原因でなっているのだと思います。

    なので、私は、日本食を意識して食べるようにし、自分の腸内環境を日々整えています。

    善玉菌を補給するため腸内環境サプリも飲むようにしています。

    日本食を意識することは腸内の善玉菌にとっても良いそうですよ。

    Permalink Filed under: Diary 腸内環境は健康の要です はコメントを受け付けていません。