• 164月
    腸内環境は健康の要

    わたしは、難病である潰瘍性大腸炎という病気にかかってしまい、今まで2回の入院を体験しました。

    潰瘍性大腸炎というのは、その字の通りで、大腸に潰瘍ができてしまう病気です。

    現代医学でも原因がわからないため、難病ということになっています。

    わたしが最後に入院したのは約5年前です。

    それからは体調も落ち着いていて、入院する気配すらないです。

    それはなぜかといいますと。

    大腸の環境に気を付けているからです。

    簡単に言うと、食事に気を付けています。

    潰瘍性大腸炎は原因がわからないので難病として指定されているといいましたが、私の中では、ある程度原因がわかっています。

    その原因は何だと思いますか?

    わたしが気を付けている食事です。

    潰瘍性大腸炎は元々、日本人には少なく、欧米に多い病気でした。

    それが、日本人の食事が

    欧米化するにつれて次第に患者が増えていったのです。

    全ての人の原因が食事だとは思いませんが、少なくとも大部分は食事の欧米化が原因でなっているのだと思います。

    なので、私は、日本食を意識して食べるようにし、自分の腸内環境を日々整えています。

    善玉菌を補給するため腸内環境サプリも飲むようにしています。

    日本食を意識することは腸内の善玉菌にとっても良いそうですよ。

    Permalink Filed under: Diary
    腸内環境は健康の要です はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.